山梨県桜の名所

山梨県では富士山と共に桜が楽しめる名所が数多くあります。ドライブがてら花見を楽しむのもよし、ゆっくり景色と花見を楽しむのもよしとおすすめです。
桜を楽しめるお寺も多くゆっくり落ち着いた気分にさせてくれそうです。

「護国神社」
甲府駅から武田通り、護国神社から県立こどもの国にかけてのスカイラインに約1000本の桜並木があり開花時期には見事な桜のトンネルとなります。
4月5日には護国神社春季例大祭が行われ、参拝者や花見を楽しむ人たちで賑わいます。

「大法師公園」
桜の本数は約2000本で桜の名所100選にも選ばれている。夜ライトアップされる桜は遠くから見てもきれいです。また富士山を望める桜の撮影ポイントもあります。

「身延山久遠寺のしだれ桜」
境内に樹齢400年を超える2本のしだれ桜があり、一本は祖師堂の前を彩るように薄紅色に咲き、もう一本は客殿前で大きな枝を支えながら花を咲かせています。
甲信越の人気お花見スポット第1位にもなっています。

「河口湖畔」
逆さ富士で有名な産屋ヶ崎や河口湖北岸、湖北ビューラインをはじめ湖畔周回道路沿いに約300本のソメイヨシノが咲き誇ります。
桜、湖、富士山の3つが楽しめる景色は最高です。

「精進湖畔」
桜と湖と富士山が一度に見られるという景勝地。精進湖北岸から湖越しに富士山をみると手前の大室山と富士山が重なり「子抱き富士」を楽しむことができます。

「金櫻神社」
「う こんの桜」と呼ばれる黄金色の花を咲かせることで金の成る木の金桜といわれる神木。境内全体では600本の桜が植えられ、5~6分咲きのころの花の色が一 番すばらしく5月中旬まで花見が楽しめます。市が周辺一帯を「桜の郷」と定め、約5000本の桜を植えたことから、「日本三大御嶺」のひとつ「花の御嶺」 としても有名です。

 

 

 

Comments are closed.