東京都桜の名所

東京都の桜の名所をご紹介します。

「上野恩賜公園」
花見といえば上野公園というほど桜が有名で、昼も夜も花見客でにぎわいます。
西郷さんの銅像から噴水池あたりまでの桜は本当に見事です。

「千鳥が淵」
北の丸公園を囲む外堀に位置する桜の名所。約300本の桜が植えられ、昼も夜も花見が楽しめます。

「飛鳥山公園の桜」
徳川8代将軍吉宗が多くの桜をこの地に植えたことから始まる桜の名所。公園は小高い丘になっており、開花時期には夜桜も楽しむことができます。

「隅田公園」
隅田川の千本桜は東京都観光汽船で船から眺められます。昼夜、吾妻橋から桜橋までお花見船を大幅に増便していろのでぜひ一度船からの花見を楽しんでみてください。

「新宿御苑」
広大な新宿御苑内にはカンザクラ、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜など65種1300本の桜が次々と咲き誇り1ヶ月以上お花見を楽しむことができます。

「井の頭恩賜公園」
井の頭池の周囲には約250本の桜があり、池の上まで枝を広げています。池の水によく映える桜と水面に浮かぶ花びらがとてもきれいです。

「靖国神社」
東京地方の開花予想の標本木となっている靖国神社の桜。ソメイヨシノを中心に400本のに及びます。さくらまつりも開催され、昼も夜も楽しむことができます。

「目黒川桜並木」
約3.8キロにも及ぶ目黒川沿いの桜並木は約800本。周辺の雑貨屋めぐりなどもあわせて楽しむのもお勧めです。

「国営昭和記念公園」
東京ドーム39個分に及ぶ広大な敷地の公園には約1500本の桜が咲き乱れる。
渓流広場ではチューリップの見ごろも迎えるので桜とチューリップが一度に楽しむことができます。

 

 

 

Comments are closed.