静岡県桜の名所

静岡県には高原など自然豊かで景色がきれいな場所がたくさんあります。
観光地も多く、春にでかけたいスポットも数々あるので、暖かくなったらぜひ出かけてみてください。

「静岡浅間神社」
静岡浅間神社の境内から百段の階段を上り、静岡市街を眺めを楽しみながら登山道を行くと見事な桜のトンネルが現れます。社殿が国の重要指定文化財にも指定されているので神社と桜をゆっくり眺めてみてください。

「はままつフラワーパーク」
3月下旬からはソメイヨシノが咲き誇り、4月中旬にはソメイヨシノと入れ替わって八重桜が見ごろを迎えます。総長約1600mの桜並木も楽しめます。
また園内にはチューリップも植えられ桜とともに楽しむことができます。

「清水船越提公園」
公園内には約850本の桜が植えられ、花見や夜桜見物で多くの人が訪れます。
池周辺と公園内から見る富士山の眺望も見事です。

「伊豆高原桜並木」
伊豆高原駅から約3キロにわたって続く桜並木は約600本のソメイヨシノで「桜のトンネル」「桜のアーチ」といって親しまれている。
伊豆高原桜まつりや伊豆高原コンサートなどが開催される予定です。

「さくらの里」
40種3000本の桜が広い園内に植えられていて9月から5月まで桜を楽しむことができる。特にソメイヨシノが満開になる4月上旬ころがもっとも美しく見事です。芝生の公園なのでお弁当持参でゆっくりしてみてはいかがでしょう。

「河原町桜堤防」
大井川川越遺跡に隣接した約600mの堤防にソメイヨシノなど約600本が植えられていて河原町さくら祭り、踊り、カラオケ大会など多くの人が楽しんでいます

「河津川沿桜並木」
河津桜は開花時期が早く2月上旬から3月上旬まで咲き、花が大きく濃いピンク色が特徴的で町の木として指定されています。河津桜並木は河津駅近辺の河口から約4キロ続いてさらに菜の花も咲くのでピンクと黄色のコントラストが見事です。

 

 

 

Comments are closed.