神奈川県桜の名所

神奈川県は観光地も多いので桜の名所もたくさんあります。
春のおでかけにはぴったりな桜のスポットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「衣笠山公園」
三浦半島の桜の名所として知られています。ソメイヨシノをはじめ、しだれ桜、山桜、彼岸桜、大島桜などさまざまな品種の桜が楽しめます。
約2000本の桜は夜になるとぼんぼりに照らされてより一層華やかに映ります。
横須賀市街や海が見える山頂からの眺めも抜群です。

「小田原城址公園」
復興された天守閣を中心に歴史見聞館やこども遊園地が点在し、市民の憩いの場となっている。天守閣やお堀を背景に約350本のソメイヨシノが咲き誇る桜祭りにぜひおでかけください。

「弘法山公園」
公園内には約2000本以上の桜が咲き、神奈川県花の名所百選にも選ばれています。権現山と弘法山の間の馬場道には桜のトンネルもあります。

「宮城野の早川提の桜」
早川沿いの提、約600mに渡って約50本のソメイヨシノ並木が続きます。
温泉会館と国道138号線土手の間にあるしだれ桜も見事です。

「津久井湖の桜」
津久井湖は人造湖でダムサイドにある津久井湖城山公園は桜の名所としてもよく知られています。湖面に映える桜がとてもきれいです。

「柏尾川プロムナード桜並木」
戸塚駅付近から両岸約4キロにわたり続く桜並木。大正から昭和初期には関東堀指の桜の名所として知られていました。現在は改修などですこし変わってしまいましたが、約700本の桜並木は見事です。

「沼代桜の馬場」
地元の人が訪れる隠れた名所。約200mの直線道路両脇にやく70本のソメイヨシノが咲き誇り頭上を埋め尽くします。
ぼんぼりに照らされた夜桜もきれいです。

「段葛」
鎌倉駅前から鶴岡八幡宮へと続く道沿いに並ぶ約500mの桜並木が見事で多くの人で賑わいます。「鎌倉まつり」の間は日没から明け方まで提灯が灯されます。

 

 

 

Comments are closed.