茨城県桜の名所

茨城県にも数多くのさくらの名所があります。

家族や友達、会社の同僚などと訪れ見事な桜でお花見を満喫してください。

「かみね公園」
園内にはソメイヨシノ、大島桜、ヤエザクラなど約1000本の桜が植えられていて開花時期になると一斉に咲き乱れます。なだらかな丘からの眺望はすばらしく家族連れに人気スポットです。

「桜川」
桜橋から学園大橋までの川沿いに植えられた桜は約500本。
三月下旬から四月中旬まで土浦さくらまつりも開催される予定です。

「静峰ふるさと公園」
約2100本の八重桜を主に約200本のソメイヨシノも植えられている。
茨城県植物園までは車で約10分の場所。
4月21日から八重桜まつりが開催され、28、29日にはイベントも催されます。

「千波湖」
偕楽園に隣接するひょうたんの形をした湖で約3キロの湖岸に咲きそろう桜は見事です。ボートや自転車も貸し出されているので、家族連れにも人気スポット。
隣接する偕楽園の桜とともに楽しんでみてください。

「砂沼広域公園」
茨城百景の砂沼遊歩道6キロに渡って約1000本の桜並木が続きます。
観桜苑にも約50種類350本の桜が植えられているのでたくさんの花見客が訪れにぎわいます。

「般若院のしだれ桜」
高さ10m以上、幹回り5mもある樹齢400年以上の巨木。一本でたつ木ですが枝張りが東西約15メートル、南北に22メートルあるので見ごたえ十分です。日本の代表する巨木として県の天然記念物に指定されています。

「西山公園」
市街地西方の小高い丘にある面積が約4.8halある公園内に約1500本の桜が咲き誇ります。ひたちおおたさくらまつりも開催されライトアップされた夜桜も楽しむことができます。

「茨城県三の丸庁舎」
茨城県三の丸庁舎周辺には約70本の桜並木があり、桜満開時期の金土日曜日の3日間は三の丸庁舎前のお堀で桜のライトアップと夜桜コンサートが開かれます。

 

 

Comments are closed.