Author Archive

埼玉県桜の名所

埼玉県では数多くのお花見スポットがあり各箇所でさくらまつりも開催されるので ぜひお花見を楽しみに行ってみてください。

お気に入りのスポットがみつけられるといいですね。

「熊谷桜提」
江戸時代から桜の名所と親しまれ、日本さくら名所100選のひとつでもあります。
荒川の土手沿い約2キロにソメイヨシノが500本ほど植えられ、美しい桜に包まれます。土手の中腹に植えられているので土手の上から見事な桜並木が一望でき、まるでピンクのじゅうたんのようにきれいです。

「県営権現堂公園」
中川堤防約1キロにわたって約1000本の桜並木が続く桜の名所です。
桜提の下は菜の花畑になっているので、桜の淡いピンクと菜の花の鮮やかな黄色が見事にコントラストしています。 幸手桜まつりも約2週間開催されるので、毎年たくさんの花見客が訪れます。

「長瀞」
上長瀞駅から野上駅にかけての約4キロの沿岸道路は桜のトンネルになっていて桜の名所100選に選ばれています。
また宝登山の山麗にある「通り抜けの桜」の八重桜が見事です。

「東武動物公園」
広大な敷地にはソメンヨシノを中心として約3000本の桜が楽しめます。
アトラクションに乗りながら桜も楽しめるので家族連れやカップルにおすすめのスポットになります。
「大観覧車」「パークライン」から見る桜がおすすめです。

「慈眼時の桜」
樹齢250年ともいわれているしだれ桜。坂戸市の天然記念物にも指定されている。中小坂慈眼寺しだれ桜まつりでは、しだれ桜保存コンサートやモデル撮影会や写真コンテストが行われる。

「北越谷元荒川提」
北越谷元荒川提のさくら並木は約2キロの長さに大小約350本の桜が立ち並んでいる。
神明橋より上流の河川敷ならゆったり落ち着いて観桜できます。

 

 

 

茨城県桜の名所

茨城県にも数多くのさくらの名所があります。

家族や友達、会社の同僚などと訪れ見事な桜でお花見を満喫してください。

「かみね公園」
園内にはソメイヨシノ、大島桜、ヤエザクラなど約1000本の桜が植えられていて開花時期になると一斉に咲き乱れます。なだらかな丘からの眺望はすばらしく家族連れに人気スポットです。

「桜川」
桜橋から学園大橋までの川沿いに植えられた桜は約500本。
三月下旬から四月中旬まで土浦さくらまつりも開催される予定です。

「静峰ふるさと公園」
約2100本の八重桜を主に約200本のソメイヨシノも植えられている。
茨城県植物園までは車で約10分の場所。
4月21日から八重桜まつりが開催され、28、29日にはイベントも催されます。

「千波湖」
偕楽園に隣接するひょうたんの形をした湖で約3キロの湖岸に咲きそろう桜は見事です。ボートや自転車も貸し出されているので、家族連れにも人気スポット。
隣接する偕楽園の桜とともに楽しんでみてください。

「砂沼広域公園」
茨城百景の砂沼遊歩道6キロに渡って約1000本の桜並木が続きます。
観桜苑にも約50種類350本の桜が植えられているのでたくさんの花見客が訪れにぎわいます。

「般若院のしだれ桜」
高さ10m以上、幹回り5mもある樹齢400年以上の巨木。一本でたつ木ですが枝張りが東西約15メートル、南北に22メートルあるので見ごたえ十分です。日本の代表する巨木として県の天然記念物に指定されています。

「西山公園」
市街地西方の小高い丘にある面積が約4.8halある公園内に約1500本の桜が咲き誇ります。ひたちおおたさくらまつりも開催されライトアップされた夜桜も楽しむことができます。

「茨城県三の丸庁舎」
茨城県三の丸庁舎周辺には約70本の桜並木があり、桜満開時期の金土日曜日の3日間は三の丸庁舎前のお堀で桜のライトアップと夜桜コンサートが開かれます。

 

 

千葉県桜の名所

千葉県のおすすめ桜の名所をご紹介します。

ぜひ一度足を運んで、お花見を楽しんでください。

「常盤平さくら通り」
日本の道百選に選ばれた約2.2キロにわたって桜のトンネルが続いている。
桜は約630本ほどでさくら祭りも開催されている。

「泉自然公園」
さくら名所100選の地として認定されている。三月下旬には約1500本の桜が開花。お花見が楽しめます。

「清水公園」
さくらの名所100選に指定され、28万平米の広大な土地にはおよそ2000本の桜が植えられている。そのほかにも四季折々の百樹百花が植えられている。

「茂原公園」
日本のさくら名所100選にも選ばれていてソメイヨシノ、里桜、フユザクラなど約2850本の桜が植えられています。夜はライトアップされ、夜桜も楽しめます。

「鶴舞公園」
ソメイヨシノが1000本植えられていて、3月下旬から「鶴舞花まつり」が開催される予定です。

「八鶴湖畔」
周辺には1000本の桜が咲き乱れ、湖面に美しい風景が映りこまれ、夜にはライトアップ。昼も夜も桜を楽しむことができます。

「袋公園」
さくら橋から望む満開の桜並木は圧巻。こいのぼりも飾られ、大空に泳ぐこいのぼりとさくらは見ごたえがあります。

「マザー牧場」
菜の花で有名なマザー牧場ですが、同じ時期、桜も見事に咲きます。ソメイヨシノや山桜、大島桜など約1200本が植えられ、家族連れに大人気のスポットです。

「香取神社」
ソメイヨシノ、大島桜、山桜など15種、約1000本の桜が植えられ、参拝客や花見客でにぎわいます。表参道と旧参道は桜のトンネルとなり見事です。

「佐原公園」
公園の高台からは眼下に市街地や利根川が一望でき、市民の憩いの場として親しまれている佐原公園には約200本の桜が植えられています。

 

 

 

東京都桜の名所

東京都の桜の名所をご紹介します。

「上野恩賜公園」
花見といえば上野公園というほど桜が有名で、昼も夜も花見客でにぎわいます。
西郷さんの銅像から噴水池あたりまでの桜は本当に見事です。

「千鳥が淵」
北の丸公園を囲む外堀に位置する桜の名所。約300本の桜が植えられ、昼も夜も花見が楽しめます。

「飛鳥山公園の桜」
徳川8代将軍吉宗が多くの桜をこの地に植えたことから始まる桜の名所。公園は小高い丘になっており、開花時期には夜桜も楽しむことができます。

「隅田公園」
隅田川の千本桜は東京都観光汽船で船から眺められます。昼夜、吾妻橋から桜橋までお花見船を大幅に増便していろのでぜひ一度船からの花見を楽しんでみてください。

「新宿御苑」
広大な新宿御苑内にはカンザクラ、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜など65種1300本の桜が次々と咲き誇り1ヶ月以上お花見を楽しむことができます。

「井の頭恩賜公園」
井の頭池の周囲には約250本の桜があり、池の上まで枝を広げています。池の水によく映える桜と水面に浮かぶ花びらがとてもきれいです。

「靖国神社」
東京地方の開花予想の標本木となっている靖国神社の桜。ソメイヨシノを中心に400本のに及びます。さくらまつりも開催され、昼も夜も楽しむことができます。

「目黒川桜並木」
約3.8キロにも及ぶ目黒川沿いの桜並木は約800本。周辺の雑貨屋めぐりなどもあわせて楽しむのもお勧めです。

「国営昭和記念公園」
東京ドーム39個分に及ぶ広大な敷地の公園には約1500本の桜が咲き乱れる。
渓流広場ではチューリップの見ごろも迎えるので桜とチューリップが一度に楽しむことができます。